とうとう出た!手のひらサイズなのに4Kのビデオカメラ FDR-AXP35

スポンサーリンク

手のひらサイズなのに4Kビデオカメラ ソニー FDR-AXP35

手のひらサイズのソニーの4KビデオカメラFDR-AXP35は、高精細な4K映像を手軽に撮れるビデオカメラ。

現行機に比べて体積を約3割、重さを約2割減らしたというのですから、びっくりです。

さらに、従来の光学式手ぶれ補正に比べて補正幅を約13倍に高まっているので、広角から望遠までブレを抑えて撮影することができます。

また、撮影した映像から最適な場面を自動抽出して短編映画を簡単に作成できる機能まで付いてます。

撮影だけでなく、50ルーメンの明るいプロジェクターが搭載されているので、暗い場所はもちろん、明るい部屋でも見やすく、撮った映像をさまざまな場所に投影して楽しむことができるので、撮影したらそのまま上映会なんてこともできちゃいます。

内蔵ストレージは64GB。外部メディアも、SD/SDHC/SDXC カードおよびメモリースティック PROデュオ /PRO-HGデュオ/XC-HG デュオスロットに対応しています。

価格と口コミのチェックはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク